ドテラでデリケートゾーンケア|潤いのある膣ケアで人生が変わる

【真実】口コミせずに1か月で100人リストがとれる方法とは!(タップ!)

Chika
Chika

女性のみなさん!おまたのケアしてますか?

おまたのケア=デリケートゾーンケアや膣ケアともいうのですが、そもそも聞いたこともない!な~んて方もいらっしゃるかもしれません。

 

Chika
Chika

実は、日本は膣ケア・デリケートゾーンケア後進国なんです。

 

お風呂上りに急いで顔に化粧水は塗るけど、膣はなんにも塗らない&ほったらかし!な~んて方、実は多いのではないでしょうか。

きちんとケアをしていかないと膣は劣化していきます。

そこで!ドテラの高品質エッセンシャルアロマオイルで、潤いのある膣ケアがおすすめなのです。

この記事でわかること

・なぜ膣ケアが女性にとって重要なのか現役保健師が解説!

・ドテラのエッセンシャルアロマオイルを使ったデリケートゾーンケアの仕方をマスターできる

・ドテラのエッセンシャルアロマオイルで膣ケアをするときの注意点がわかる

このことについて、予防医学の専門職として現役で活動している保健師である筆者がまとめています。

ドテラによるデリケートゾーンケアがなぜ重要なの?

デリケートゾーンおよび膣は女性ホルモンと大きく関連します。

女性ホルモンは35歳前後に減り始め、膣の粘膜が薄くなって粘液の分泌も減少してしまい、どんどん乾いていきます。

放っておくと、干からびてカチカチになり、だんだん萎縮してしまうことに。

更年期前後に膣やデリケートゾーン全体にかゆみ、痛みなどの“違和感”を感じる人が多いのはそのせいです。

膣の乾燥による萎縮が進んで性行為も楽しめなくなれば、パートナーとの関係にも支障が出てきます。

でも問題はそれだけじゃないんです!

そんな膣の変化は、なんと頭痛や肩こり、腰痛、便秘といったさまざまな体調不良までを誘発してしまう可能性があるのです。

 

膣の乾燥やデリケートゾーンのニオイといった膣の変化のサインを放置すると脳にも影響があるのです。

膣にも末梢神経が届いていて迷走神経系を経由して脳とつながっているとされています。

そのため、精神的にも不安定になってイライラしやすくなるので、今後くる更年期の症状が強く感じるリスクも増えてしまうのです。

デリケートゾーンケアの重要性に気付いたときからがはじめ時!

ドテラのエッセンシャルアロマオイルを使って自らうるおい、代謝できる膣に整えることが重要なのです。

ドテラによる膣ケアによる効果まとめ

  1. 更年期障害の緩和
  2. ホルモンのバランスの調整
  3. 髪、肌、爪のつややはりをもたらす
  4. 産後の回復が早くなる
  5. セックスレスの予防と快感が得られる(幸せホルモン、オキシトシンが出る)
  6. パートナーとより良い関係を作ることができる

 

膣の経皮吸収率はなんと42倍!だからこそ高品質なドテラ一択なんです

デリケートゾーンおよび膣のケアの重要性はわかっていただきましたら、次に重要なのが、ケアに使うアイテム選びなのです。

ドテラを愛用されている方の多くは経皮毒というキーワードを聞いたことがあったり、すでに意識して生活されている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな健康と美への意識が高いドテラユーザーのみなさんへ…

 

Chika
Chika

知っていましたか?

経皮吸収による吸収率って体のパーツによってバラバラなんです!

二の腕の内側の吸収率を1とした場合
  • かかと:0.14倍
  • 手のひら:0.83倍
  • 頭皮:3.5倍
  • わきのした:3.7倍
  • 背中:17倍
  • デリケートゾーン:42倍

なんと!断トツでデリケートゾーンが吸収率が高いですよね!

体に吸収されやすいデリケートゾーンケアこそ気遣いが大事!

高品質な医療用レベルのドテラのエッセンシャルアロマオイルをおすすめする理由はもうお気づきですよね。

 

ドテラを使ったデリケートゾーンケアの方法を解説

いよいよ本題です。ドテラのエッセンシャルアロマオイルを使ったデリケートゾーンケア実践編です。

ぜひ娘さんがいる子育てママさんには、お子さんにも学校の性教育では丁寧に教えてくれないデリケートゾーンケアを伝えてあげられるママになってほしいなと思います。

ステップ1:デリケートゾーンケア専用ソープで優しく洗う

意識していない方は意外と知らないのですが、実はドラッグストアにもデリケートゾーンケアグッズの棚があるのです。

つまりケアしている人はきちんと専用のものを買っていて、しっかりと需要があるということなのですよね。

ステップ2:ドテラのアロマオイルによる入浴となで洗いで血流促進

温かくしたお風呂場でデリケートゾーンにココナッツオイルで希釈したドテラのアロマオイルを塗って、そのまま湯船へ。

5分ほどつかりながら、膣のまわりを優しくマッサージ。

直接でもいいですが、薄手のタオルをその部分に当てた上から行うほうがマッサージ感もあり、気持ちよく行えておすすめです。

血流の滞りにより、不純物がたまっていると一時的におりものが増えることもありますが、ドテラのアロマオイルによるお手入れを続けて代謝が上がればそれも解消され、デリケートゾーンも肌もうるおってふっくら。

ハリが生まれてツヤも出て、肌色も明るくなります。

ステップ3:入浴後に行う”オイル湿布”で細胞から若返らせる!

入浴後は、外からの保湿目的ではなく、膣の働きをよくして中からうるおうようにするために、清潔な外陰部にココナッツオイルで希釈したドテラのアロマオイルをたっぷりしみ込ませたコットンを“湿布”をする感覚で当てます。

このデリケートゾーンケアにより、細胞が柔軟になり、血流が促されて老廃物の排出力も上がります。

続けるうちに粘液がしっかり分泌されるようになり、免疫力が高くなって細胞から若返ることができます。

おへそから下は感情がたまりやすい部分でもあるので、一日の疲れやストレス解消にも有効なのです。

 

Chika
Chika

オイル湿布は”会陰”を中心に10分程度!

 

ここで使うドテラのアロマオイルはご自身の好きなものをココナッツオイルで希釈して使ってみてくださいね。

Chika
Chika

私は20mlほどのココナッツオイルにフランキンセンスを

10〜15滴程落としたものを使っています。

フランキンセンスのほかにも、ラベンダー、ローズ、アーボビテなどもおすすめ♡

 

経皮吸収率の高いデリケートゾーンケアだからこそ、自分をいたわる贅沢使いで気分もあがります。

毎日のケアではココナッツオイルを指で優しく塗って保湿するだけでも効果が期待できます。

ドテラでデリケートゾーンケアをする時の注意点

・ 妊娠している人は助産師や医師などの専門家と相談のうえ、行うこと

・ 妊娠を希望している場合、排卵日前後にはドテラアロマオイルの使用を避けること

・ 月経が始まってからの3日間、体調が思わしくない時や、食後すぐに行うことは避けること

・デリケートゾーンを傷つけないために、爪は切り、清潔な手で行うこと

・ドテラのアロマオイルが肌に合うかどうか、腕の内側につけてみてパッチテストを行ってからケアすること(あくまで自己責任で行ってください)

・ドテラのアロマオイルは最初は少量から使っていくこと

 

まとめ

あなたの膣はカラカラに乾いて萎縮していませんか?

膣ケアを侮ることなかれ!です。

デリケートゾーンの経皮吸収率は二の腕内側の42倍。だからこそ高品質かつオーガニックのケアにこだわりたいところ。

ドテラのエッセンシャルアロマオイルによるデリケートゾーンケアで潤いのある人生を始めましょう。

もう、友達の勧誘はしたくない!その悩み解決策知りたいですか?

ネットワークビジネスに取り組む大部分の方が『誘う相手がいない』

という悩みを抱えていますよね。

誘う友人知人、リストアップした人脈が尽きてしまったら・・

そこであなたの収入もストップ!!

でももし、その人脈リストが無限に増え、

しかも相手の方から「その話聞かせて!」という方法があるとしたらあなたは興味ありますか??

友達を一人も誘わずにこそっとMLMで成功したい方必見【タップ!】

コメント

テキストのコピーはできません。