Be young洗脳の真実|Be youngで洗脳されたという噂をズバリ解説

【真実】口コミせずに1か月で100人リストがとれる方法とは!(タップ!)

Be youngをやっている方のお悩みの中で

Be youngとネット検索したら『Be young 洗脳』と関連キーワードが出てきて不安になった。

『洗脳されてるんじゃない?』と周りから反対されているが、どう説明すればいい?

などがあります。

 

「Be youngの商材はいいし、チームの仲間もいいのに…。」
そんなネガティブなネット検索結果を見ると不安になってしまうのは当然ですよね。

この記事でわかること

・Be youngの洗脳の真実についてわかる

・なぜBe youngで洗脳されたと噂されるのかがわかる

Chika
Chika

この記事ではネットワークビジネスの集客アドバイザーとして実績を残してきた筆者がまとめていきます。

なぜ、「Be youngで洗脳された」という内容のネット記事が多いのか?

Be youngで、「Be young 洗脳」というキーワードで検索してみると、検索結果に表示されているほぼ全てのホームページがBe youngのことを否定していました。

 

なぜ、Be youngのことを否定している記事ばかりなのでしょうか?

その理由を調べるために、私は検索結果に表示されたホームページの1位から20位まで目を通しました。

 

数記事を読んでみて分かったことがいくつかあります。

まず、ページのタイトルはあえて人が興味を持つ言葉にしています

 

例えば、以下のページタイトルをご覧ください。

とても気になるタイトルですよね?

「毎月10万円ずつ買い込むように洗脳され続けた」
「洗脳された恐ろしい3年間の告白」

 

これは、Be youngに限らずどの世界でもやられていることです。
私たちの身近なところでは、テレビのニュースや新聞、雑誌です。
電車に乗っていると週刊誌の中刷り広告がありますが、あの広告の見出しも過激な言葉を連発していますよね。

 

なぜでしょうか?

Chika
Chika

答えは簡単です。お金になるからです。

不安・恐怖をあおるような見出しのほうが雑誌がたくさん売れて、利益が増えるのです。

私たち人間は、事件や事故などの人の不幸な出来事に関心を寄せるといわれています。
ですから、過激なタイトルにしてあおれば、たくさん売れるのです

 

インターネットで言えばそのページにアクセスが集まるのです。

インターネットのビジネスでは必須のコピーラィテングスキルでも、タイトルの付け方で人が関心を持つ言葉を入れるのは基本中の基本です。

 

例えば、「Be young誘う」よりも「Be young勧誘」、「Be young指導、教育」よりも「Be young洗脳」というように、より人間が興味を感じる言葉を選ぶのです。

「Be youngで洗脳された」というページの共通のパターンを分析してみた

いくつかの記事を読んでみて分かった事のもう1つは、ホームページの記事の内容には3つのパターンがありました。

「Be young洗脳」記事の3つのパターン
  1. アフィリエイトで小遣いを稼ぐBe young
  2. 自分の商材を販売するBe young
  3. 自分のビジネスに勧誘するBe young

これら3つの記事は、同じパターンで構成されていることが分かりました。

それでは、1つひとつ解説していきますね。

アフィリエイトで小遣いを稼ぐBe young

アフィリエイトで小遣いを稼ぐBe youngのパターンは、自分自身が過去にBe youngで洗脳された経験を書いて、人の興味を惹きつけます。

ページはアクセスを集めて、アフィリエイトで小遣いを稼ぐという流れのBe youngです。

自分の商材を販売するBe young

自分の商材を販売するBe youngは、Be youngで洗脳された経験を書いて、アクセスを集めて自分の商材を販売しています。

このBe youngの特徴は、とにかくBe youngを徹底的に否定しています。
Be youngを否定することによって、サイト訪問者の頭の中からBe youngという選択肢を無くさせるのです。

 

Be youngを選ばない状態にしておいて、自分のビジネス、例えばインターネットビジネスのアフィリエイトなどを勧めます。
そして、自分が勧めているビジネスのノウハウやマニュアルを販売します。
または、無料レポートを配ってメルマガへの登録を促すパターンです。

自分のネットワークビジネスに勧誘するBe young

自分のネットワークビジネスに勧誘するBe youngは、Be youngの洗脳するやり方を否定して、自分がやっているBe young以外の他のネットワークビジネスに勧誘しています。

 

これらのBe youngの特徴はBe youngのメンバーが苦労しているであろう部分を徹底的に否定して、自分のやっている他のネットワークビジネスはより楽に稼ぐことができるとPRしているパターンです。

「Be youngで洗脳」という言葉は正しく使われているのか?

 

Be youngによる洗脳をあらためて見てきましたが、ここで私が感じるのは、「洗脳」という言葉の使い方が本当に正しく使われているのか?ということです。

 

「洗脳」と言う言葉はインパクトがあります。
ホームページやBe youngの記事タイトルに「洗脳」という言葉を使えば、多くの人の興味を引きつけてアクセスをたくさん集めることができるのです。

 

これまで説明してきた通り、アクセスを集めればお金になるからです。

インパクトがあるから、あえて「洗脳」と言う言葉を使っているように見えます。

Chika
Chika

自分からBe youngをやってみて、うまくいかなかったから無理やり「洗脳された」と言っているホームページもあります。

そういったページをみると「洗脳」と言う言葉を「教育」とか「指導」に置き換えたほうが正しいのでは?と思ってしまいます。
どんな仕事にも、その業界独特の教育があります。

様々な企業で社員教育を行っています。
これは新入社員を自社で活躍できるように自社の色に染めているのです。

 

一般では「社員教育」と呼んでいるものを、Be youngなどのネットワークビジネスでは「洗脳」と言っています。
なぜ「洗脳」と言うか?それはやはりBe youngでお小遣い稼ぎができるからです。
または、自分がやっている他のネットワークビジネスに勧誘したいからです。

人脈が無限に増える!リストアップのコツを知りたくないですか?!【タップ!】

実は「Be youngで洗脳された」は使い勝手がいい?!

「洗脳」という言葉はどちらかと言うと、ネガティブなイメージが強い言葉で、「洗脳」の言葉の次にはたいてい「された」という言葉がつきます。

「された」と言うのは被害者の言葉です。主体性はありません。
何かうまくいかなかった時に被害者を装うのにちょうどいい言葉なのです。

 

Be youngで活動をしている時に、最初から最後まで騙されていて自分の意志とは反して無理強いをされていたら「被害者」なので「洗脳された」という表現は正しいかもしれません。

でも、Be youngで活動をする時に、少しでも「お金を儲けたい」とか「成功したい」という想いがあれば、それは「洗脳」とは呼ばずに「教育」だったのではないでしょうか。

教育であれば、誰もが受けたいと思うはずです。なぜなら自分が成功するために必要な教育だからです。

 

「Be youngで洗脳された」という言葉は、うまくいかなかった人にはとても使い勝手のいい言葉とも言えるのではないでしょうか。

まとめ

・Be youngで洗脳されたという記事が多い理由は、読み手を引きつけて何かしらのお金儲けしたいことが多い。

・Be youngで洗脳されたという記事には3つのパターンがあります。アフィリエイトで小遣いを稼ぐBe young、自分の商材を販売するブログ、自分のネットワークビジネスに勧誘するBe young。

・「Be youngで洗脳」という言葉は「Be youngで教育」に置き換えることができる。

・「Be youngで洗脳された」という言葉はうまくいかなかった人にとって、使い勝手のいい言葉である。裏の意図をきちんと見極められるよう情報リテラシーを高めることが大事。

もう、友達の勧誘はしたくない!その悩み解決策知りたいですか?

ネットワークビジネスに取り組む大部分の方が『誘う相手がいない』

という悩みを抱えていますよね。

誘う友人知人、リストアップした人脈が尽きてしまったら・・

そこであなたの収入もストップ!!

でももし、その人脈リストが無限に増え、

しかも相手の方から「その話聞かせて!」という方法があるとしたらあなたは興味ありますか??

友達を一人も誘わずにこそっとMLMで成功したい方必見【タップ!】

コメント

テキストのコピーはできません。