ナンバーエイトは悪徳マルチ?!潜入調査してみた

【真実】口コミせずに1か月で100人リストがとれる方法とは!(タップ!)

ナンバーエイトを伝えたい一心で友達に声をかけたのに
「それマルチでしょ?怪しいからやめなよ」
と誤解された経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

そういうときに相手を納得させられる説明、あなたはできていますか?

この記事でわかること

・ナンバーエイトの仕組みを相手にわかりやすく説明する方法をマスターできる。
・ナンバーエイトと悪徳マルチの違いがわかる。

Chika
Chika

このことについてネットワークビジネス集客アドバイザーとして活動し、自身もダウン組織を拡大させている筆者がまとめています。

ナンバーエイトが悪徳マルチではない!と説明するポイント

ナンバーエイトは悪徳マルチとは全く違います。
まずはあなたがきちんと理解することで、相手にわかりやすく、納得しやすい形で説明することができるのです。

 

ナンバーエイトなどのネットワークビジネスは別名、MLMと呼ばれています。
MLMとは一体なんでしょうか?
それはマルチレベルマーケティングの略称です。
マルチレベルの意味は多段階です。
ですから、MLMとは、自分の権利が多段階に渡って発生するマーケティングの仕組みのことを言います。

 

反対に通常の世の中にあふれている流通方式は、シングルレベルマーケティングです。
コンビニやカフェ、ラーメン屋など通常のお店などほとんど全てシングルレベルマーケティングです。

Chika
Chika

パン屋に例えて説明しますね

 

例えばパン屋さん。
私がお気に入りのパン屋さんをかなりの人数に口コミしたとします。
その結果、私の口コミで、合計で数十人くらいは新規のお客さんになったとします。

しかし、私が口コミして増えた新規のお客さんの利益は全てパン屋さんのものです。
当たり前の話です。
コンビニでも、カフェでも全てこの仕組みです。

 

これだけ多くの人にパン屋さんへの口コミが成功したのですから、私がそのパン屋さんを多くの人に紹介したことが証明できれば、パン屋さんからお礼に食パンの1つでももらえそうですよね!
もしこの仕組みができたとしたら、これをシングルレベルマーケティングといいます。
インターネットビジネスの中でも人気で有名なアフィリエイトもこれと同じ仕組みです。
自分が宣伝広告したものが売れれば売れた分に応じて対価が支払われます。

 

さて話をパン屋に戻します。
私は、パン屋の美味しさを10人の人に伝えました。
10人がそのパン屋に食べに行って「本当に美味しいですね」と言ってくれました。
そしてその10人がさらに、10人ずつにパン屋の素晴らしさを伝えました。

 

10人×さらに10人で合計100人。
この100人は私からみたら2段階目の人たちなので、シングルレベルマーケティングの仕組みの中では私には何も還元されません。
しかし、それでは私がかわいそう…と言うことで、2段階目の人の分も還元しますよ!
というのがマルチレベルマーティングです。

 

Chika
Chika

なるべく分かり易いようにパン屋さんを例え話に出しましたが、分かり易かったでしょうか?

人脈が無限に増える!リストアップのコツを知りたくないですか?!【タップ!】

なぜナンバーエイトはイメージが悪く「マルチ!」と言われてしまうのか?

ナンバーエイトの仕組みはとても合理的に出来ています。
ところが日本では、マスコミの影響でマイナスのイメージを持っている人が多いのが事実です。

 

なぜ、マスコミはネットワークビジネスを叩いているのでしょうか?
答えは簡単です。

 

イメージが悪い原因①

ナンバーエイトは口コミで宣伝するのに対して、メーカーや企業は、TVや雑誌などマスメディア(マスコミ)を使って広告を打っています。
マスコミにとってメーカーや企業はお客様ですが、口コミの会社はそれに敵対する存在なのです。
本当に良い物は口コミによって広がりますが、マスコミにとっては「宣伝=収益」ですから、口コミだけで広がってしまうものは、利益につながりません。
つまり口コミで広がるものは、マスコミにとっては、面白くないものかもしれません。

 

ですから、広告主のメーカーや企業はマスコミと組んで、ナンバーエイトなどのネットワークビジネス、MLMの悪い部分を大きくクローズアップして、新聞、雑誌、テレビなどで報道する傾向があるのではないでしょうか。

イメージが悪い原因②

どんな世界にも、大半の良い人たちと一部の悪い人たちがいます。
警察官の中でも犯罪を犯す人がいます。
ナンバーエイトをはじめとするネットワークビジネスも同じです。
大半の人はルールを守り誠実に活動をしていますが、一部の人が自分の利益のために違法行為をしてしまう。
マスコミはその一部の悪い人のことを大きく取り上げて新聞、雑誌、テレビで報道します。

 

すると、世の中の人たちは、「ネットワークビジネス(MLM)=悪い物」というマイナスイメージが定着してしまうわけです。
そこから「ナンバーエイト=悪いイメージ」になる流れができてしまっているのですよね。
真面目に活動している側からすると悲しくなっちゃいますよね。

 

日本では、ナンバーエイトなどのネットワークビジネスのことを「マルチ」と呼んで悪い物の総称のようになっています。
この「マルチ」は、マルチレベルマーケティングから取ったのでしょう。
「マルチ」のイメージは悪いですが、本来マルチの意味は「多い」と言う意味です。
イメージと意味は違います。

 

ナンバーエイトと悪徳マルチは○○だから間違われる?!

ナンバーエイトはねずみ講と勘違いされるパターンも多いです。
ねずみ講は、商品が介在しません。
会員に入るのに入会金など費用を支払います。
そして、自分からスタートした組織がある一定の数を超えると、自分が支払った以上のお
金が報酬として支払われます。
ねずみ講を規制する法律ができるまでは、日本中でねずみ講が流行っていたのです。

 

その後に登場してきたのは、悪徳マルチ商法です。
悪徳マルチ商法は、ねずみ講で大儲けした幹部の人たちが作ったと言われています。
ねずみ講が違法になったので、合法のネットワークビジネスに似せて、価値の低い商品をあたかも価値があるかのように洗脳し、説得して売りこむ。
しかも広げれば儲かるというねずみ講的な要素を含んでいます。

 

悪徳マルチ商法の目的はねずみ講と同じで単にお金儲けがしたいだけなのです。
しかも、初期の立ち上げメンバーだけ儲けたら後は、意図的に潰してしまいまた新しい悪徳マルチ商法を作る。
こんなことが繰り返されているのです。

 

ナンバーエイトなどのネットワークビジネスと悪徳マルチは似ています。
どこが似ているかと言うと、組織がピラミッド型になっているところ。
そして、情報を口コミで伝えて広がっている所です。

だからナンバーエイトは悪徳マルチと間違われてしまうのですが、
ナンバーエイトは、悪徳マルチと全く違います。

 

サービスを口コミに乗せて伝えていきます。
自分からスタートして伝わった流通のボリュームに応じて報酬が支払われる仕組みです。
つまり、ネットワークビジネスとして成り立つ条件は、自分と伝えた相手と社会の3者が得をしなければなりません。
WIN-WINとも言いますが、この3者の中で1人でも被害者が出てはいけません。
それがネットワークビジネスなのです。

 

Chika
Chika

あなたがきちんと悪徳マルチとの違いを理解し、それをかみ砕いて相手が納得できる形で説明できることが成功のカギと言えますよね!

まとめ

・ナンバーエイトなどのネットワークビジネスは別名MLMと呼ばれています。MLMはマルチレベルマーケティングの略称です。
・マルチレベルマーケティングは、多段階に渡って権利が発生する仕組みのことです。
・ナンバーエイトが悪徳マルチと誤解されているのは、口コミで広がり組織がピラミッド型になっているところが似ているから。

もう、友達の勧誘はしたくない!その悩み解決策知りたいですか?

ネットワークビジネスに取り組む大部分の方が『誘う相手がいない』

という悩みを抱えていますよね。

誘う友人知人、リストアップした人脈が尽きてしまったら・・

そこであなたの収入もストップ!!

でももし、その人脈リストが無限に増え、

しかも相手の方から「その話聞かせて!」という方法があるとしたらあなたは興味ありますか??

友達を一人も誘わずにこそっとMLMで成功したい方必見【タップ!】

コメント

テキストのコピーはできません。